ログハウスのペンキ塗り

保護者限定コンテンツを見る

を入力してください

11月2日(水)は秋晴れになり、延期になっていたログハウスのペンキ塗りには最適の日となりました。森エリアのケヤキの木の下にある赤い屋根のログハウスは、ペンキが剥げてしまっているので、5歳児が手伝って、塗装をすることになっていました。初めてのペンキ塗り体験に子どもたちは朝からわくわくしていて、「今日のペンキ塗り、楽しみやねー」という会話があちこちから聞こえてきます。最初におじさんから説明を聞き、いざペンキ塗りスタート!子どもたちは手分けして白いペンキを塗っていきました。一刷毛塗った瞬間、「わぁーたのしいー」「こんなんはじめてや」と口々に感想を言い合う子、気持ちを歌にして表現する子、ものも言わず真剣に作業を続ける子など思い思いに初めての体験を楽しんでいるようでした。あっという間に子ども担当のペンキ塗りは終わりになり、「もっとしたい!!」と残念そうでしたが、顔や手に白いペンキを付けた子どもたちのいきいきとして満足げな様子は印象的でした。