私たちの考え方私たちの考え方

一日の大半を過ごす場所だからこそ

子どもが保育所で過ごす時間は次第に長くなっています。子どもの一日のうちの大半の時間は保育所で過ごす時間です。

だからこそ私たちは保育所が子どもにとって安心して過ごせる場所、子ども同士が育ち合える場所であってほしいと考えています。

保育理念と基本方針

氷上保育所が大切にしていること

氷上保育所では、一人ひとりの子どもが、安定した生活の流れの中で、周りの大人に温かく見守られながら、穏やかで丁寧な関わり合いを通して、自分の力で一歩一歩自立していくことを大切にしています。

保育理念

子どもの生命と安全を第一に考え、養護の行き届いた環境のもとで子どもの人格を尊重した保育をすると共に、子育て支援を通して地域社会に貢献する。

保育の基本方針

  • 一人ひとりの子どもの発達に留意して、丁寧で穏やかなかかわりを心がけ、自己肯定感を持って生きていくために必要な基礎的な力を育てていく。
  • 養護と教育が行き届いた環境のもとで、体験を通して子どもが育つことを大切にする。

保育を通して育てたいこと

  • 人の話を聴く力
  • 集中して取り組む力
  • 生活のルールを通じて、社会のルールを理解し、守る力
  • 良い人間会計を築く力
  • 知的好奇心
  • 豊かな感性

氷上保育所が大切にしたいこと

氷上保育所が大切にしたいこと
主体的に行動する力

規則正しい生活と主体的に行動する力

子どもは毎日規則正しい生活を繰り返すことで、生活の流れを把握し、大人に支持命令されなくても、先を見通して自分で考えて主体的に行動できるようになっていきます。

子どもの発達とは

次々に目新しいことをすることが発達につながるのではなく、発達とは日常の繰り返しのなかで、段階を追ってできることを増やしながら力を獲得していくものととらえています。

子どもの発達とは
十分な遊びの時間を保障する

十分な遊びの時間を保障する

子どもは心が安定した日常の中で、自分の興味を持ったことを繰り返して遊ぶことにより、成長発達していきます。
そのためには満足いくまで遊べるような遊びの時間を保障してあげることが大切だと考えています。

落ち着きのある環境

騒がしく、刺激の強い環境ではなく、落ち着いた環境を整え、機械音は排除し、毎日の絵本の読み聞かせやわらべうたなど人の声で伝えることを大切にしています。

人の話を聴く
子ども同士で育つ
規則正しい生活

私たちは一人ひとりの子どもに沿った対応を基本にしていますが、同時に保育所は子ども集団のなかで育ち合う場でもあります。

小さな子どもは大きな子どもをモデルとして刺激を受けていきますし、大きな子どもは自分より力 の弱い子どもがいることで、やさしさを発揮していきます。

トラブルを乗り越える

子ども同士のトラブルは成長の過程としてとらえる必要もあり、特に4・5歳児ともなると子ども同士で問題解決できる力も備わっていってほしいと願っています。
幼児期のこのような体験が小学校に上がってから役に立ってくるのではないでしょうか。そしてそこに集団の良さがあると考えています。

  • 子どもの服装・持ち物
    子どもの服装・持ち物

    子どもたちができるだけテレビ等の影響を受けないようにしたいと思っていますのでアニメや戦隊物のキャラクターが付いた服や持ち物は控えていただくようにお願いしています。

    保育士も子どもを刺激しないように、キャラクターのついた服は着ないようにしています。また保育所内の環境にもキャラクターものは使わないようにしています。

  • 「教える」のではなく、「助ける」「見守る」
    名前の呼び方

    保育士の仕事は子どもに「教えたり」「指導」するのではなく、子どもが自分でできるように「助けてあげる」ことだと考えています。そして保育所が子どもにとって家庭に代わる生活の場であり、保育士はお母さん・お父さんについで、子どもにとって身近な存在でありたいと願っています。

  • 午睡について
    午睡について

    午睡は乳幼児の生活リズムを整える意味で必要なものだと考えています。しかし必要な午睡時間については子どもの年齢、季節的なもの、家庭の状況、個人差などにより違ってきます。

    一律には考えられませんが、保育所での午睡時間が就寝時間に影響を与えないように配慮しています。

    保育所での午睡は、午睡用コット(簡易ベッド)を使用しています。このコットを使用することにより、埃の発生を防ぎ、健康な眠りを保障してあげられます。床から10cmほどの高さがあるので、床面のほこりを直接吸い込みにくく衛生的です。保温、通気性においてもすぐれています。